2019年春新規開苑しました 上盛岡駅より徒歩4分 NHKあさイチで紹介されたアンカレッジの樹木葬です。

アンカレッジの樹木葬
「盛岡庭苑」とは

都市と自然が融合する城下町「盛岡」。
盛岡の中心部に誕生した待望の庭園型樹木葬。

盛岡駅から車で8分、上盛岡駅から徒歩4分の便利な立地。「銭掛けの松」の伝説や宮沢賢治が中学時代に下宿していたことでも知られる徳玄寺の境内にできた、日当たりの良い穏やかな環境で眠れる樹木葬です。

漫画でわかるアンカレッジの樹木葬

盛岡の中心部に、明るい庭苑ができました。

四季折々の花と緑の下で眠る、優しい樹木葬墓です。

360°ビュー

※Internet Explorer、Microsoft Edge、FireFoxでは閲覧ができない場合もございます。

6つのポイント

お参りしやすい場所にあり、便利ですね

JR「上盛岡駅」より徒歩4分、JR「盛岡駅」よりタクシーで8分の便利な立地です。

お墓って殺風景だと思っていたら明るいのですね

四季折々の花と緑に囲まれて眠る、庭園型のお墓です。

ひとりや、夫婦、家族でお墓に入れるのですね

ご契約の期間は、お一人お一人、またはご夫婦ごと、ご家族ごとに、個別の墓標の下でお眠りいただきます。すぐに合葬はいたしません。

ペットも一緒のお墓にはいれるなんて

ご希望の方は、家族の一員として、同じ墓標の下でお眠りいただけます。

お寺が永代供養をしてくれるのですね

継承者不要。のこされた方に負担をかけません。お寺の住職が永代にわたって供養します。

お寺の檀家さんにならなくてもいいのですね

宗教・宗派は不問。どなたでもお買い求めいただけます。購入後、お寺の檀家さんになっていただく必要もございません。

「盛岡庭苑」
永代供養の仕組み

一人一人、家族ごとに
個別に埋葬します

ご契約の期間は、お一人お一人、またはご夫婦ごと、ご家族ごとに、個別に墓標の下でお眠りいただきます。すぐに合葬はいたしません。

小さな墓標の下、
土の中に埋葬します

墓標は、決して大きなものではありませんが、緑に囲まれ土の中に眠ることにこだわった樹木葬墓です。

将来の墓じまいは
不要です

ご契約されている方全員がお墓に入り、一定の年数が経ちましたら、お骨を骨壺から取り出すなどして、お寺の境内にて土にお還しします。

お寺が心を込めて
ご供養いたします

ご供養は、それぞれのお寺の住職が、永代にわたって続けてくださいます。

夫婦墓(2人用の場合)

お墓タイプ・価格

1人用

お一人でお使いいただくお墓です。

華[はな]

[はな]

自分らしく眠る1人用の樹木葬墓

価格1区画60万円

1人用のお墓です。

  • 1区画価格:永代供養料含む
  • ペット:不可
  • 年間費:5,000円
  • 基本彫刻費:4万円
  • 骨壺・粉骨費:5万円

2人用

ご夫婦、親子でご登録いただけるお墓です。

華[はな]絆[きずな]

[はな][きずな]

花と緑に囲まれた2人用の樹木葬墓。

価格1区画90万円~ペット可

2人までご登録いただけるお墓です。

  • 1区画価格:永代供養料含む
  • 納骨手数料:絆タイプ3万円
  • ペット:絆タイプ埋葬可
  • 年間費:5,000円~
  • 基本彫刻費:4万円~
  • 骨壺・粉骨費:華タイプおひとり様につき5万円

4人用

4人までご登録いただけるご家族向けのお墓です。

安[やすらぎ]

[やすらぎ]

家族との楽しい思い出と眠る4人用の樹木葬墓。

価格1区画120万円ペット可

4人までご登録いただけるご家族向けのお墓です。

  • 1区画価格:永代供養料含む
  • 納骨手数料:3万円
  • ペット:埋葬可
  • 年間費:1万4,000円
  • 基本彫刻費:5万円

費用について

墓所の利用につきましては、下記の費用がかかります。

[永代供養料]

60万円〜
(区画・タイプにより異なります。)

永代供養料には以下が含まれます。

  • 区画の使用料(契約年数満了まで)
  • 墓碑
  • 永代ご供養

[納骨手数料・諸費用]

納骨手数料 「安」「絆」3万円(税別)
納骨時に頂戴いたします。

基本彫刻費用
「安」「絆」5万円(税別)、「華」4万円(税別)
納骨時に頂戴いたします。

  • 「華」は骨壺費1人様毎に5万円(税別)
  • オリジナル彫刻の場合 「安」「絆」10万円(税別)、「華」8万円(税別)

[年間護持費]

ご登録の方がご存命の間は年間費を頂戴します。(年間5,000円~)

[ペットのお墓]

  • 「安」「絆」はペットと一緒に眠ることができます。
  • 上記の場合ペットのお名前が彫刻できます。
  • ペット埋葬の際には、埋葬手数料3万円(税別)がかかります。

ご契約の流れ

ご契約の流れ 1.ご見学、2.仮申込み、3.お申し込み・ご入金、4.墓所使用許可証お渡し、5.彫刻デザイン、6.墓碑完成

お申込みに
必要な書類等
  • お申込みする方と納骨予定者との続柄がわかる戸籍謄本または住民票
  • 運転免許証・保険証などのご本人様確認書類
  • お認印

徳玄寺(とくげんじ)について

徳玄寺は真宗大谷派の寺院。室町時代から戦国時代の頃に開山し、江戸時代前期に現在の地に境内を構えるようになりました。「銭掛けの松」の伝説や宮沢賢治が中学時代に下宿していたことでも知られる盛岡市中心部のお寺です。

本堂

山門正面の本堂。地域の拠り所となっています。

現在も、宮沢賢治が中学時代に下宿していた部屋が残っています。

[徳玄寺概要]

  • 名称:池水山 徳玄寺
  • 宗旨:真宗大谷派
  • 創建:室町時代から戦国時代に代わる頃
  • 住職:石田正純

交通アクセス

徳玄寺 盛岡庭苑

〒020-0016 岩手県盛岡市名須川町15−8

電車でお越しの場合

  • JR「上盛岡駅」より徒歩約4分
  • JR「盛岡駅」よりタクシーで8分

バスでお越しの場合

  • 盛岡駅前東口 JR東北バス[早坂高原線]「北山」バス停下車 193m
  • 盛岡バスセンター[ななっく前・ななっく向] 岩手県交通[桜台団地線]315系統(その他:316・331・329系統)「北山」バス停下車 194m

お車でお越しの方

駐車場完備。
東北自動車道「盛岡南IC」より約20分

庭苑までの道順

上盛岡駅からの道順

庭苑まで徒歩4分

上盛岡駅駅からの道順1

① 上盛岡駅を出たら、駅前広場正面の三差路を左前方に曲がります

上盛岡駅駅からの道順2

② 250mほど進むと、左側に盛岡庭苑のある徳玄寺の入口があります

よくある質問

ほかの墓地からお骨を改葬してもよろしいですか?

はい、可能です。お墓が故郷にあって、お参りが大変という理由で改葬をご希望される方も多数いらっしゃいます。改葬の際には、①改葬元の霊園、②改葬元の霊園のある市区町村役場、での手続きが必要となります。

お墓の承継者がいなくても申し込めますか?

はい、お申し込み出来ます。お墓の承継者がいなくても無縁にはせず、この地でお寺が期限なく供養・管理を行います。

遺骨は何人分入りますか?

タイプによって異なります。1人用の個人タイプから4名様向けのファミリータイプまでございます。

ペットも一緒に入れますか?

はい、大切なペットも同じお墓に収めていただける区画があります。

見学をしたいのですが?

土日祝日を含む毎日9時から、17時までとさせていただいております。必ず事前にご予約の上、お越しください。
フリーダイヤル 0120-37-7676

年間費の支払い方法は?

お墓の利用予定者がご存命の間、毎年お振込みにてお納め頂きます。

申込みには何が必要ですか?

  1. お申込みする方と納骨予定者の続柄がわかる戸籍謄本または住民票(本籍地記載)
  2. 運転免許証・保険証などのご本人様確認書類
  3. お認印

お寺の檀家にならなくてはいけないのでしょうか?

いいえ、入檀を強制したり義務づけることはしていません。

法要をお願いすることはできますか?

はい、法要の義務づけはございませんが、ご希望があればもちろん可能です。

お骨を預かって頂くことはできますか?

納骨法要を控え、ご納骨までの一定の期間であれば、ご希望によりお預かりいたします。

駐車場はありますか?

はい、ございます。盛岡庭苑の見学、お参り、法要などでお越しの方はご利用いただけます。

盛岡庭苑では、年忌法要の案内を送ってくれますか?

ご希望の方には、お手紙でご案内を致しております。

お参りできる時間は?

土日祝日を含む毎日9時から17時まで、いつでもお参りいただけます。

お墓にお花やお線香を供えられますか?

はい。お花立てや香皿をご用意しています。ただし飲食物のお供物は、お参りが終わりましたら、お持ち帰りください。

墓石のデザインは決まっていますか?

数種類の図柄の中から自由にお選びいただけます。ご契約後、ご相談させていただきながら作成いたします。

お電話、またはネットで
見学予約・資料請求

お客様への
安心のお約束
アンカレッジは、ご相談をきっかけに
強引な勧誘やしつこい営業電話
などは一切いたしません。
安心してご連絡ください。

1お電話で

0120-37みんな-7676ナムナム

受付時間:9:00〜17:00
土日祝日も含む

2インターネットで

見学予約、もしくは資料請求をお選びいただき、各項目にご記入ください。
【必須】がある項目は必ず入力してください。

ページの先頭に戻る