お知らせ一覧へ

プレスリリース一覧へ

お客様の声

お客様の声一覧へ

寺院・僧侶のみなさまへ

動画のご紹介

千葉テレビ『ビジネスフラッシュ』でアンカレッジをご紹介いただきました。

弊社が「どのような理念で、事業を展開しているか」の一片を知っていただくのによい番組ですので、是非ご覧になってください。

樹木葬とは

近年、自分らしいお墓に入りたい、自然に囲まれて眠りたいといった希望をお持ちになる⽅のために、従来のようなお墓ではなく、“自然に還る”をテーマとした墓地が開発されてきました。それらのことを「樹木葬」と呼びます。「樹木葬」は従来のお墓同様、行政から許可を得た霊園や墓地に遺骨を埋葬します。様々なタイプがありますので、事前にしっかりと確認をしてお墓選びをすることをおすすめします。

樹木葬のタイプ

散骨型樹木葬

遺骨を粉末状にした後に、林の中や芝生、苔など、予め決められた区画に散骨するタイプの樹木葬です。墓標の代わりに一人につき1 本の樹木が植えられているタイプもあれば、シンボルツリーの根元に分け隔てなく散骨するタイプもあります。 環境や周辺住民への配慮から、これらのタイプは、一般に住居エリアから遠く離れた自然に溢れた場所が多く、交通がそれほど便利ではない場所に作られることが多いようです。

納骨型樹木葬

遺骨を一定期間、公園のような場所や、天然の材料で作られた建物の中などでお預かりし、その後に合祀することで遺骨が自然に還るのを待つ、といったタイプの樹木葬です。一定期間は個別に安置されていますので、ご供養、お参りも個別に弔うことが可能です。公営が運営しているもの、民間が運営しているものと両方あり、交通の良い場所にあるところも多く、残された方のお参りへの負担が少なく済みます。

樹⽊葬選びのポイント

永代供養

従来のお墓は、お寺の檀家になって代々の承継者が引き継いでいくのが当たり前とされています。一方で、少子化や核家族化の流れの中でお墓の承継者がいなかったり、「⼦供に⾯倒を掛けたくない」といった気持ちから、あえて親族にお墓を承継してもらわなくても良いと考える方も増えてきました。樹木葬の場合、⾃然に還るというコンセプトから承継者を必要としないことがほとんどですが、しっかりとチェックする必要があります。

立地、諸条件

お墓選びは、本人の希望はもちろん、残された方がお参りしやすく管理しやすいことが⼤切です。お参りしにくい場所にあったり、予定外の管理費が求められたりといったことは極力少ないほうが望ましいです。