よくあるご質問

樹木葬とは?

墓石をお墓のシンボルに据えるのではなく、樹木や草木を墓標とする葬送の方法です。
埋葬方法は、ご遺骨を骨壷のまま土に埋葬する方法、骨壷から取り出して土に埋葬する方法、布に包んで埋葬する方法など、墓地運営者の考え方によって様々です。
シンボルとなる樹木も、桜やつつじ、菩提樹などのほか、バラを中心とした霊園づくりがされている霊園もあります。

永代供養墓とは?

子孫に代わって、故人の供養をお寺などが将来に渡って続けていくお墓のことです。
日本ではお墓は一般的に、家族によって承継され守られてきました。しかし、お子さんが娘さんのみで他家へ嫁いでしまったり、そもそもお子様がいらっしゃらないなどの理由で、お墓の承継者がなくなってしまうと、ご遺骨は無縁仏とされてきました。
一方で、お子さんにお墓の管理などの負担を掛けたくないという方も増えています。
こうした方々のお墓承継の不安をなくすためにつくられたのが永代供養墓です。

納骨堂とは?

納骨堂とは、ご遺骨を一時的または無期限にお預かりする建物です。礼拝施設と近接して造られます。
お墓や墓地は、ご遺骨を土に還す形式を含みますが、納骨堂はご遺骨のまま保管しておく施設です。
永代供養の仕組み(承継者がいなくなってもお寺が供養を継続する)が用意された納骨堂もあれば、そうではない納骨堂もあります。

改葬とは?

改葬とは、一旦、お墓に埋葬されたご遺骨を、他のお墓に移し替えることです。
お墓が住まいから遠方になりすぎて管理できなくなってしまうことから、改葬される方も増えているようです。
改葬には、市町村役場などでの手続きが必要です。

墓じまいとは?

これまで守ってきた先祖代々のお墓が将来、管理者不在の無縁墓となってしまう前に、お墓を片付けて、永代供養墓などの無縁墓にならない墓所にお骨を移すことです。
2014年から急速に使われるようになった言葉です。

お墓の法律って?

お墓や納骨堂は、いわゆる「墓埋法」(ぼまいほう)で規定されています。墓埋法は正式名称を「墓地、埋葬等に関する法律」といいます。
この法律を具体的に運用するために、厚生労働省の「墓地、埋葬に関する法律施行規則」や都道府県・市区町村に条例が定められています。
遺骨は、法律に定められた手続きに則り、法律で定められた方法で、法律で定められた場所に埋葬・納骨する必要があります。
近年は、散骨やペットの埋葬など、法律に規定されていない葬送のニーズも広がっています。

お墓の承継者がいなくても申し込めますか?

はい、お申込みできます。
お墓の継承者がいなくても無縁にはせず、お寺が永代に渡る供養・管理を行います。

遺骨は何人分入りますか?

夫婦タイプは2骨、家族タイプは4骨収納できます。一人用のお墓や納骨堂は1骨ごとのお申込みとなります。

見学したいのですが?

土日祝日を含む毎日9時から17時までご案内しております。
ご連絡の上、お越しいただけますとご案内がスムーズです。

ほかの墓地からお骨を改葬してもいいですか?

はい、可能です。
故郷にお墓があるが、お参りが大変という理由で改葬をご希望される方が多数いらっしゃいます。ただし、改葬の際には役所等での手続きが必要となります。

骨壷からお骨を出して地面に埋葬するのですか?

埋葬から一定の年数までは、骨壷でご安置するのがアンカレッジの樹木葬です。
すぐに他のご家族のお骨と一緒になることはありません。
また故人が埋葬されている場所ははっきりとわかるようになっています。

護持会費(管理費)の支払い方法は?

金融機関口座からの自動引き落としで、毎年お納めいただきます。

申込みには何が必要ですか?

  1. お申込みする方と納骨予定者の続柄がわかる戸籍謄本または住民票
  2. 運転免許証・保険証などのご本人様確認書類
  3. お認印

お寺の檀家にならなくてはいけないのでしょうか?

いいえ、入檀や改宗を強制したり義務づけることはしていません。

戒名をすでにいただいていますが、変える必要はありますか?

いいえ、その必要はありません。
すでに戒名をお持ちの方はもちろん、戒名がない方でも結構です。また、改めて戒名を授かることもできます。

お参りできる時間は?

午前9時から午後5時まで、365日いつでもお参りいただけます。

お墓にお花やお線香を供えられますか?

はい。お花立てや香炉をご用意しています。
ただし飲食物のお供物は、お参りが終わりましたら、お持ち帰り下さい。

お葬儀やお通夜はお寺でやってもらえますか?

はい、お寺でお受けしております。他の葬儀場等でのお葬儀の場合でも、お声がけいただければ住職が読経に参りますのでお気軽にご相談ください。

墓石のデザインは決まっていますか?

ご自身でデザインをお決めいただけます。思い出や好きだった趣味などをモチーフにされる方も多くいらっしゃいます。ご契約後、ご相談させていただきながら決めます。