2021年春新規開苑しました 一畑口駅よりバス・タクシーで10分 NHKあさイチで紹介されたアンカレッジの樹木葬です。

アンカレッジの樹木葬
「瑠璃庭苑」とは

島根半島の中心部・出雲神話の舞台を一望できる「一畑薬師」に美しい庭園タイプのお墓が誕生しました。松江・出雲からそれぞれ車で30分。

目のお薬師さま、子どもの無事成長の仏さまとして、毎日たくさんの方が参拝に訪れる一畑薬師。
千百年余の歴史を持ち、豊かな自然に囲まれた「霊場」として、人々を静かに迎えてくれます。

漫画でわかるアンカレッジの樹木葬

イングリッシュガーデン風の庭苑

英国に布教留学をした住職の思いが込められたイングリッシュガーデン風の庭苑です(イメージ)

四季折々の花と樹木葬墓

四季折々の花と緑の下で眠る、優しい樹木葬墓です(イメージ)

5つのポイント

お墓って殺風景だと思っていたら明るいのですね

四季折々の花と緑に囲まれて眠る、庭園型のお墓です。

石原和幸 × アンカレッジの樹木葬

ひとりや、夫婦、家族でお墓に入れるのですね

ご契約の期間は、お一人お一人、またはご夫婦ごと、ご家族ごとに、個別の墓標の下でお眠りいただきます。すぐに合祀はいたしません。

ペットも一緒のお墓にはいれるなんて

ご希望の方は、家族の一員として、同じ墓標の下でお眠りいただけます。

お寺が永代供養をしてくれるのですね

継承者不要。のこされた方に負担をかけません。お寺の住職が永代にわたって供養します。

お寺の檀家さんにならなくてもいいのですね

宗教・宗派は不問。どなたでもお買い求めいただけます。購入後、お寺の檀家さんになっていただく必要もございません。

「瑠璃庭苑」
永代供養の仕組み

一人一人、家族ごとに
個別に埋葬します

ご契約の期間は、お一人お一人、またはご夫婦ごと、ご家族ごとに、個別に墓標の下でお眠りいただきます。すぐに合祀はいたしません。

小さな墓標の下、
土の中に埋葬します

墓標は、決して大きなものではありませんが、緑に囲まれ土の中に眠ることにこだわった樹木葬墓です。

将来の墓じまいは
不要です

ご契約されている方全員がお墓に入り、一定の年数が経ちましたら、お骨を骨壺から取り出すなどして、お寺の境内にて土にお還しします。

お寺が心を込めて
ご供養いたします

ご供養は、それぞれのお寺の住職が、永代にわたって続けてくださいます。

夫婦墓(2人用の場合)

価格等の詳細情報はこちら 一畑薬師ホームページへ

一畑寺外観

一畑薬師(いちばたやくし)について

出雲神話の国引きの舞台を一望できる島根半島の中心部、標高200メートルの一畑山上にあります。「目のお薬師さま」として、古くから全国的に知られ、1300段余りの石段(参道)でも有名です。宗派は、禅宗(臨済宗妙心寺派)、一畑薬師教団の総本山です。
創開は、平安時代寛平6年(894年)、一畑山の麓、日本海の赤浦海中から漁師の与市(よいち)が引き上げた薬師如来をご本尊としておまつりしたのが始まりです。与市 の母親の目が開いたり、戦国の世に小さな幼児が助かったことから、「目のお薬師さま」「子供の無事成長の仏さま」「病気平癒の仏さま」として広く信仰されています。
武家の時代には歴代の領主の祈願所として寄進・安堵を受け、ゆかりの品々も数多く残されています。薬師霊場、観音霊場、神仏霊場など札所でもあり、8万坪の境内はご真言を唱えお百度を踏むたくさんの参拝者で賑わっています。

本堂

本尊の薬師如来(秘仏)がまつられた本堂には毎日たくさんの方が参拝に訪れます。観音堂では中国観音や百八観音霊場のお砂踏みもできます。

眼下には出雲神話の国引きの舞台が広がります。美しい日の出や季節によっては雲海も楽しむことができます。

[一畑薬師概要]

目のお薬師さまとして全国的な信仰の広がりをもつ臨済宗の古刹。一畑薬師信仰の総本山。

  • 名称:一畑薬師(醫王山 一畑寺)
  • 宗旨:臨済宗妙心寺派、一畑薬師教団
  • 住職:飯塚大幸

交通アクセス

一畑薬師 瑠璃庭苑

〒691-0074 島根県出雲市小境町803番地

電車でお越しの場合

一畑電車北松江線「一畑口駅」よりバス・タクシーで10分(「一畑薬師」バス停より徒歩10分)

お車でお越しの方

  • 松江市内、出雲市内から30~40分
  • 出雲空港から約25分

駐車場完備
車を降りてすぐです。車椅子でのお参りが可能です。

ページの先頭に戻る