石原和幸 ×
アンカレッジの樹木葬

庭園デザイナー
石原和幸プロデュース
明るく幸せな樹木葬の庭

わたしたちは、
お墓を寂しいものにしたくありません。
花と緑にあふれた
明るく優しいデザインにしたい。
人々の声で賑わう場所であってほしい。
距離も心も近く、眠る方も残される方も
安心できるお墓にしたい。
そんな想いを形にするため
樹木葬の庭づくりは
庭園デザイナーの石原和幸さんにお願いしました。

庭園のデザイン例

庭苑の一覧へ

Profile

365日花が咲き、
春から秋には蝶が舞い、
冬には小鳥がさえずります。
大切な方々の御霊を花と緑で永遠に
お守りいたします。

庭園デザイナー石原和幸

1958年長崎県生まれ。
花と緑に魅了され路上販売から店舗、そして庭造りをスタート。
苔を使った庭で独自の世界観が 国際的な造園の祭典「英国チェルシーフラワーショー」で高く評価され、14年間で11個の金メダルと、部門内1位のベストガーデン賞を5度受賞。2016年大会では最高賞のプレジデント賞も受賞。
日本の玄関口でもある羽田空港に 受賞作品「花の楽園」を再現するなど、日本の風景の美しさを世界に向けて発信し続けている。また全国で庭と壁面緑化事業を展開し環境保護に貢献すべく活動中。

(株)石原和幸デザイン研究所 代表

  • 『Green switch』( グリーン スイッチ)]
  • 『グランフロントと花畑』

石原和幸 BBC・チェルシーフラワーショー

ページの先頭に戻る