新着情報

『LGBTカップルと墓地管理者のためのガイドライン』リリースのお知らせ

11/5(火)本サイトにて『LGBTカップルと墓地管理者のためのガイドライン』をリリースいたしました。(詳細はこちら⇒LGBTフレンドリー

LGBTへの社会的な関心は高まりつつあり、パートナーシップ証明書の発行や、家族優遇サービスが利用できるなど取組が進んでいます。
しかし、まだ対応が不十分なものがあります。

それはお墓や葬儀などの「終活」です。
性的マイノリティ当事者は「死のロールモデルがない」とも言われ、望むような逝き方、弔われ方すら実現が難しい現況にあります。

そこで私たちは、LGBTカップルが一緒のお墓に入れるように、
そして、お寺が安心して自坊の墓地に多用な人々を迎え入れることができるように、
LGBTとアライのための法律家ネットワーク(LLAN)の全面的な協力のもと、『LGBTカップルと墓地使用規則のためのガイドライン』を作成しました。

私たちは、困っている時こそ手を差しのべるのが「お寺」であってほしい、そういう想いから今に至っています。
これをきっかけに、性的マイノリティの“かけこみ寺”が全国に広がることを願っています。

本ガイドラインについて弊社はいかなる権利主張もいたしません。
引用、改変も含め、広く皆さまにご利用いただけますと幸いでございます。

 

ページの先頭に戻る