ペット終活してますか? 大切なペットと一緒に眠れる樹木葬が女性に人気

ペットを飼っている人にアンケート調査をしたところ、ペットと一緒にお墓に入りたいのに入れない人がいました。永代供養墓を手がける株式会社アンカレッジ(東京都港区、代表:伊藤照男)ではペットと一緒に眠れる樹木葬を提供、問合せの約7割は女性となっています。

 

【大切なペットと一緒にお墓に入りたいのに・・・】

ペットを飼っている60歳以上の男女100人にペットとお墓についてアンケート調査を行いました。「ペットと一緒にお墓に入りたいと思いますか?」という質問に対し、男性22人、女性46人が一緒に入りたいと答えました。男性に対して女性の方がペットに愛着を持っているのが伺えます。

一方、一緒に入りたくないと答えたのは66人。ペットがメダカや小鳥だからと答えた人を除いて、一緒に入りたくないと答えた人のうち犬や猫を飼っているのが46人。一緒に入りたくない理由として、「ペットと人間は別だから」と答えた人が30%でした。その他、「本当は一緒に入りたいが、お寺の規則や他の家族との相談が必要なので入られない」と答えた人が15%でした。毎日一緒に暮らし思い出を共有したペットとずっと一緒にいたいのに、お墓には一緒に入れないという事情を持っている人がいる事がわかりました。
※アンケートASPを利用して自社で調査、2017年11月実施)

 

【ペットと一緒に眠れる樹木葬が女性に人気】

東京都新宿区の牛込庭苑では、ペットと一緒に入れる樹木葬スタイルの永代供養墓を提供しています。アンカレッジの樹木葬は墓石の周りを花や木で囲むもので、宗教宗派を問わず、お墓を承継する人がいなくても購入できます。購入者からは「長年連れ添った大切な家族の一員なので、ちゃんと供養したいと思った(50代・女性)」「ペットと一緒に入れるお墓が欲しかったので嬉しい(60代・女性)」という声があがっています。ペットについてのお問い合わせは約7割が女性となっており、季節の花に囲まれた美しい外観から特に女性の人気を集めています。

牛込庭苑は地下鉄大江戸線牛込柳町の出口のすぐ隣、価格は一人用が50万円からとなっており、ペットと一緒に入れる2人プラスペット用は150万円からとなっています。

(PDF:344.0KB)