樹木葬Blog

樹木葬プランナーがお墓と
お寺に関する情報をお届けします

戒名① ――  戒名とは

葬儀やお墓でお寺と関わる際に、多くの方が気にされることの一つに「戒名(宗派によっては「法名」「法号」とも)」があります。

そもそも、戒名とは「仏の弟子となったことの証」となる名前で、戒(=仏教の信徒が守るべき道徳的行動規範)に従って生きると誓ったことを意味します。お釈迦様が仏教を提唱した当時のインドでは、戒名を付ける習わしはなく、後に仏教が伝播した中国で始まったとされています。
また、本来は生前に付けられましたが、日本では独自の死生観の影響もあり、出家せずに亡くなった方へ死後に戒名を与え、成仏を願うようにもなりました。戒名の授与は、付けられた本人(故人)主体のものではなく、どちらかというと遺族の心情を主体とした、遺族にとって心の慰めとなる役割を担うように変化していったとも考えられます。

戒名は、身分に関係なく仏の世界は平等であることを表す為、2文字と定められています。
一般的に「戒名」と捉えられることの多い、漢字が沢山(6~11文字程度)並んだ名前は、正確には「戒名」に「院号」「道号」「位号」などが加えられたものです。
この院号などの部分は、信仰の度合いに応じて僧侶が戒名と併せて授け、それに対するいわば御礼としてお布施をお納めするものでした。それがやがて慣習の中で変化し、ややもすると「お布施によって戒名のランクが決まる…」と言われるような認識をされるようにもなってしまっています。

仏教への理解の薄れや、上記のような印象が広まったことも影響してか、仏式の葬儀を希望される場合でも戒名を望まない方が最近は多く見受けられるようになりました。
それに呼応するように、戒名なしでも受け入れてくださる寺院も一部では増えてきていますが、戒名を必須とする寺院も未だ多くあります。
お墓探しの際はご注意ください。

<アンカレッジの樹木葬では、俗名(ご生前のお名前)のままでもお墓に入れるよう、管理する寺院にご配慮いただいています>

**戒名② ――  戒名は必要か の記事はこちら**

 

 

戒名の各部分の説明

ページの先頭に戻る