樹木葬Blog

樹木葬プランナーがお墓と
お寺に関する情報をお届けします

アンカレッジ 新年祈願会
今年も本格始動、よろしくお願いいたします。

●2024年、今年もスタートいたしました。
新しい年を迎え、今年も皆が安心して業務に取り組めるようアンカレッジ恒例の新年祈願会が開かれました。
場所は樹木葬 高輪庭苑のある道往寺本堂。今回は三田法音寺の佐賀和玄副ご住職をお招きし、道往寺の柏ご住職とお二人でお経を上げてくださいました。
読経の中、社員・スタッフ一人ひとりが阿弥陀様の前でお焼香し願い事を祈願。
明るい光溢れる本堂で清澄なお経とともに始まる新年は、樹木葬のアンカレッジならではの清々しいスタートとなりました。

新年祈願会

道往寺本堂 – 阿弥陀様の前で一人ひとり今年の願い事を


●今年の学び初めは「戒名」について

ご法要に続き、新年祈願会のご法話として、樹木葬 三田花苑のある法音寺 佐賀和玄副ご住職より「戒名」についての興味深いお話をいただきました。
そもそも戒名とはどういうものなのか。その歴史や背景、江戸時代の「寺請制度(檀家制度)」との関係性、戒名がなくては成仏できない?自分で戒名を考えてもいいの?など軽妙な語り口でとてもわかりやすい内容。皆真剣に聞き入っていました。
戒名についてはお客様からの質問も多い事柄ですので、業務の上でも大変ためになるお話でした。今後のスキルアップへ繋げていきたいと思います。

佐賀和玄

戒名のお話をしてくださった、にこやかな三田 法音寺の和玄副ご住職


祈願会を終えると外は快晴。白梅が咲き始めた境内にそれぞれが絵馬を結びました。普段は違うお寺で業務についているため、直接スタッフ同士が顔を合わせるこのようなひとときはとても楽しい大切な時間です。

社員・スタッフ一丸となり、皆さまとお寺とのご縁を大切にまた一年、頑張ってまいります。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

絵馬と紅梅

境内は白梅がもう見ごろ

ブッダガヤの菩提樹の葉

和玄副ご住職よりインドのお土産をいただきました。
お釈迦様が悟りを開いたブッダガヤの菩提樹の葉です。
ありがとうございました!

ページの先頭に戻る