樹木葬Blog

樹木葬プランナーがお墓と
お寺に関する情報をお届けします

納骨はいつまでにすべきか

火葬が広まって以後の日本では、ご遺骨はお葬式の後すぐにお墓の中には納めず、しばらくご遺族の元に置いておくのが一般的になっています。これは仏教に限らず、神道やキリスト教であっても、日本の慣習として広く根付いています。

仏式で供養をなさる場合には、忌明けの四十九日や、喪が明ける一周忌の法要に併せて行われる事が多くなっていますが、いつまでに納めなくてはいけない、という法律上の決まりはなく、法要と同時に行うべきか否かも、地域ごと、お寺ごとで、考え方の違いがあるようです。
また、”ご遺骨を長く手元に置いておくと故人が成仏できない” と不安になる方もいらっしゃいますが、仏教の考えの上では、多数派の考え方ではないようです。
土葬の慣習がそのまま火葬に引き継がれ、火葬された遺骨を手元に置かずその日のうちに納骨する地域もあったりと、各地域で納骨の目安も様々です。戸惑われた場合は、周囲やお世話になっているお寺、あるいは地域の葬送事情に詳しい葬儀社などにご相談するのも良いでしょう。

しかし、故人とのお別れを意味する「葬送」は、かつては「野辺送り」ともいわれ、故人をお墓に送り出してこそ完了するものでもありました。納骨を終えることが区切りとなり、悲しみとの折り合いをつけるきっかけとなることもままあるようです。実際、「アンカレッジの樹木葬」で納骨をされた方々のなかにも、納骨を終えたことで清々しい表情をされる方が多くおられます。
その点では、早めに納骨を行うほうが理にかなっているのかもしれません。

もちろん、離れがたい気持ちを押して納骨するのは、却って後悔を残す可能性もあります。
どのタイミングで納骨をするかは、慣習的な決まりよりも、遺族の心情を優先して決めて構いません。

なお、法律上は納骨せず家の仏壇などに安置して供養を続けても問題にはなりませんし、特別な手続きも不要です。ただし、ご自宅の庭にお墓を作って埋葬する行為は墓埋法違反や、最悪の場合、刑法上の罪に問われる可能性もありますのでご注意下さい。

納骨して良い場所と良くない場所

ページの先頭に戻る