現地スタッフがお届けする
京都樹木葬だより

改葬(お墓の引越し)について

ご見学のお客様からよく受ける相談の1つとして、「改葬(お墓の引越し)」が挙げられます。
代々のお墓が遠方にあり、中々お参りに行けない、墓守が負担なので近くのお寺や霊園にお墓を移したい、という内容です。
このケースはこれからの時代どんどん増えて行くのではないかと思いますが、では実際にどんな手続きが必要なのか、ご紹介したいと思います。

1.移転先の墓地を決め、管理者(お寺なら住職)から「受入証明書」を発行してもらう。
2.現在お墓がある墓地の管理者から、「埋葬証明書」を発行してもらう。
3.現在の墓地がある市区町村の役所で「改葬許可申請書」をもらい、記入して1の「受入証明書」と2の「埋葬許可証」と一緒に提出、「改葬許可証(2部)」を発行してもらう。
4.現在の墓地の管理者に3の「改葬許可証」を提出し、遺骨を取り出す。
5.移転先の墓地の管理者に3の「改葬許可証」を提出し、遺骨を納める。

(ご遺骨を取り出す際の御魂抜きや、移転先にお骨を納める際の法要については、各寺院、霊園にお尋ねください)

このような手続きを経て、改葬が可能になります。ご参考までに。

京都・京都市 本昌寺 上京庭苑 市営バス「千本出水」バス停徒歩3分 西陣の一角、趣のある都会の樹木葬

ページの先頭に戻る