現地スタッフがお届けする
京都樹木葬だより

墓じまいの原状回復の実費の目安

先日、福井県福井市の市が管理する墓地で、約2000区画について使用者や使用状況を把握できていない事が分かったとニュースになりました。こういった事態を防ぐ為にも、承継者の変更や改葬・墓じまいをする際には使用者による適切な届出が必要です。
実際に墓じまいをするには、「改葬手続き」「ご遺骨の移動」「墓石の解体撤去」の大きく3つの作業が必要になります。改葬の手続きについては先の『樹木葬だより』でもお伝えしましたが、意外と盲点になっているのが「墓石の解体撤去」、つまりご遺骨を抜いた後のお墓の後始末です。

一般的に“お墓を買う”と表現しますが、実際には使用権を購入しているだけであり、土地自体が使用者の所有になる訳ではありません。その為、使用をやめる時には墓石を撤去して原状回復させた上で、管理者(自治体やお寺)に返す必要があります。

解体撤去作業は石材店にお願いすることになりますが、その際の費用の目安は、お墓を更地に戻すだけなら1㎡あたり10~20万円、1坪(約3.3㎡)の墓地であれば30万~50万円程度と言われています(石材店によって異なります)。ご自分で複数の石材店に見積もりを出してもらって決める事も可能ですが、墓地の管理者になじみの石材店を紹介していただいた方が面倒なく進められる利点もありますので、一度管理者に相談をしてみると良いでしょう。

なお、解体工事とは少し話がずれますが、それまでお寺のお墓を使用されていた方が墓じまいの際にお寺を離れる場合は、お寺に離壇料をお納めする慣習があります。義務ではなく(契約書に書かれている場合を除きます)、お世話になったお礼の気持ちとしてお渡しするものですので、金額の相場も3万円~20万円と幅広くなっています。お付き合いの長さや地域の慣例によってのご判断となりますが、それまでの仏縁に感謝し、気持ち良く離壇が出来るようにしていただきたいと思います。

京都・京都市 本昌寺 上京庭苑 市営バス「千本出水」バス停徒歩3分 西陣の一角、趣のある都会の樹木葬

ページの先頭に戻る