現地スタッフがお届けする
京都樹木葬だより

人とペット、なぜ一緒に入れないお墓が多いのか

ペットと一緒のお墓に入りたいと希望する人が多くいながら、受け入れ先のお墓の数が整わない現状の一因として、長く浸透してきた文化的な問題が関係しています。

「墓地、埋葬等に関する法律」では、埋葬等の行為が “国民の宗教的感情に適合” して行われなければならないとしています。

江戸時代に始まった檀家制度の影響もあって葬儀の8割が仏式で行われているとも言われ、仏教的思想が色濃く残る日本ですが、その仏教の一部においては犬や猫といった人間以外の動物は「畜生」と言われ、人間よりも下に位置する成仏できない存在、という認識が長く通用されてきました。

その為、動物と人間が同等に扱われる事に違和感や抵抗感を感じ、同じ敷地内にペットが一緒に埋葬されることを受容できない人も少なからずいると考えられます。

またお寺の方でも、従来の教義上の認識を覆し、またペットの埋葬に納得できない方の存在を蔑ろにして、人と同じ墓地へのペットの埋葬を積極的に進めることはなかなか容易ではありません。

しかし、ペットと一緒に入れるお墓や動物用の供養墓を新設するお寺も増えてきています。主だった宗派の中では公式見解として是非を示しているところはないものの、ペットを家族の一員とみなす昨今の風潮を受け、経典の内容を再解釈した上で、教義には反しないという結論を出している関係者もいます。ペットと人とを一緒に埋葬することや、ペットを供養する事に寛容な姿勢が、仏教の中でも広まっていきつつあります。

京都・京都市 善行院 西陣庭苑 鞍馬口駅から徒歩10分 西陣の街並みに映える洗練された樹木葬

ページの先頭に戻る