現地スタッフがお届けする
京都樹木葬だより

意外と知られていない「お供え」の意味

お寺にご法要などをお願いする時に、菓子折りなどの「お供え」を持っていく方は多いと思います。その「お供え」を、「お坊さんへのご挨拶や御礼」と思われている方もいらっしゃるようですが、実は本来の意味は異なります。

 

「お供え」には、供える対象などによって2つの側面があり、

① 供養(故人の冥福を祈ること)

② 自らの功徳を積む

という意味があるのですが、ここでは特に後者の「功徳を積む」という点についてお話します。

 

仏教には「功徳」と「利他」という言葉があります。

「功徳」は ″現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行″ のことで、″善い行いは善い報いを生む”という「因果応報」という仏教の道理に基づいています。

また、「利他」には ″自分のことよりも他人のことを想い、困っている人を助ける” という意味があります。

「利他」の行いによって「功徳」を積み、それによって周囲の人も自分も幸せになると考えられているのです。

 

「お供え」も「利他」の行為で、僧侶やお寺に来られた方のためにお供え(=施し)をすることが、功徳を積むことに繋がります。

 

また、積んだ功徳は故人に分けることもできるともいわれています。

よく、「追善供養(=故人の徳を、後から追加すること)」「回向(=自分の徳を他の人に振り分けること)」というのは、故人の功徳を増やし、故人が来世も幸せになれるようにという願いによるものです。

 

「功徳=幸せポイント」と捉えてみると、

「お供え(=善行)」によって幸せポイントが獲得できて、

そのポイントは自分の幸せに繋がったり、故人の為に分けることもできる、というイメージでしょうか。

 

ただ、注意しないといけないのは、功徳を積むことが「自分の幸せのため」ではいけないという点です。「他者のためを想って」善行をすることが功徳となり、結果として自分の幸せに繋がるとされています。

 

『善きことをなせる者は、この世にても喜び、死後にも喜び、何れにても喜ぶ、おのれの行為の浄らかなるを見て喜び楽しむ(法句経)』

ただの「手土産」や「御礼」ではない「お供え」。「善行」と意識してみると、より改まった気持ちになれると思います。

     ※「功徳」については解釈が異なる宗派もあります。ご了承下さい。

京都・京都市 善行院 西陣庭苑 鞍馬口駅から徒歩10分 西陣の街並みに映える洗練された樹木葬

ページの先頭に戻る