現地スタッフがお届けする
京都樹木葬だより

卒塔婆の独特な形

お墓の周りに細長い木の板が立てられているのを見たことがあるでしょうか?

「卒塔婆(そとば)」や略して「塔婆(とうば)」と言われたりするもので、宗派によっては立てないところもありますが、多くの方が一度は見たことがあるのではないでしょうか。あの不思議な形、疑問に思ったことはありませんか?

 

「卒塔婆」の語源は、仏教の発祥地であるインド語で使われていたサンスクリット語「ストゥーパ」だと言われており、「卒塔婆」という漢字は当て字です。ストゥーパはもともとお釈迦様のご遺骨を納めて信仰の対象とした塔の事で、やがて塔を礼拝することや造塔することが功徳を積むことに繋がると考えられるようになりました。

仏教が日本に伝わると、日本でも「五重塔」や「五輪塔」が造られるようになります。やがてそれが庶民でも手軽に行えるように簡略化していき、現在の卒塔婆になりました。

今では、卒塔婆を立てることが故人への追善供養になるとされ(塔婆供養)、主に年忌法要やお盆、お彼岸に行われています。

 

冒頭にもどり、卒塔婆の独特な形についてですが、あれは「五輪塔」を模した形です。

「五輪塔」はその形が宇宙を構成する5つの要素を表しているとされ、上から宝珠型(空)、半円(風)、三角形(火)、円(水)、方形(地)となっています。

卒塔婆の形もその通りに切り込みがされていますので、今度お寺に行かれた際は、じっくり観察してみてください。

 

京都・京都市 善行院 西陣庭苑 鞍馬口駅から徒歩10分 西陣の街並みに映える洗練された樹木葬

ページの先頭に戻る